はんこの保管の失敗例

イメージ画像

おうちでは自分のはんこをどのように保管されているでしょうか。
家族みんなの分をまとめて収納していたり、個人でそれぞれが部屋で管理していたり、各々の家庭によって保管の仕方は違うと思います。
新生児が生まれた家庭では、早速赤ちゃんの印鑑を買ったという方もいるかもしれません。
さすがに小さい子供が自らはんこを使用したり保管するのは無理に近いでしょうから、お母さんが大事に保管しているでしょうね。

さて、はんこの保管方法についてですが、不便な点や困る点はたまにあります。
はんこは小さくて転がりやすいので収納に困ります。
ボールペンなどと一緒にペン立てに入れてしまうと、奥底に行ってしまって、指を突っ込まないと取れない場合があります。

もしくは、ペン立てに入っている物を全部一回取り出してその中からはんこを探す、という効率の悪い取り出し方になりそうです。
小箱などでの保管では、朱肉を拭き取らずに収納してしまうと、箱の中が汚れてしまいます。
取り出しやすくてよいのですが、小箱の中が色んな物で溢れないように気を付けなければいけません。
収納するなら綺麗に見やすくするのがおすすめです。

はんこ専用ケースという便利なグッズが市販されていますので、それに収納しておくのがやはり見た目もよいですね。
このはんこ専用ケースにも種類や大きさがあり、朱肉が備え付けのタイプはいざと言うときとっても便利。
透明なプラスチック製のケースもあります。
これは中身がすぐ分かって便利です。
複数のはんこを所持している方にはよいですね。

このページの先頭へ